オーストラリア留学体験記

留学経験者が実際に感じたこと、体験したことをもとに留学情報をお届けします。
これから留学を考えている方、漠然と留学をしたいと思っている方、
先輩の声を参考に自分らしい留学を実現してください!

Deakin大学 Master of Business Sport management コース

Kazuki OKADAさん
Deakin大学 Master of Business Sport management
大学院

Q) オーストラリア留学を決めたきっかけは?

大きな理由としては、ありきたりですが、英語圏の国であったこと。 そして、ビザの面でも比較的シンプルで、厳しい制限がなく、自由に現地での生活ができること。

当時の先輩がオーストラリア留学を経験しており、詳しくお話を伺ったところ、現地で仕事が探しやすいこと。人種差別がほとんどないこと。

日本人が生活しやすい環境があること等を知り、1番最初に挑戦する場所としてはうってつけだと思い、オーストラリア メルボルン留学を決めました。

日本人が多すぎる環境は避け、自分自身の成長に集中したいという気持ちで、日本人の多いシドニーやゴールドコーストではなくここメルボルンを選びました。

都市と自然のバランスが良いのも魅力的で、今では、それらの選択ができてよかったと心から思っています。

Deakin大学 大学院

Q) ご通学された学校、コースは?その学校・コースに決めた理由は?

Deakin Universityでは、Master of Business Sport management を専攻し、名前の通り、ビジネスを主に学び、その中でもスポーツに関連するシーンでのスキルや法律、会計、ビジネスをしていく上で必要な知識を幅広く学習しました。

大学院の前は、学生ビザで入国し、9ヶ月間シティにあるAbilityという語学学校で、英語の基礎から学びました。
その学校に決めた理由としては、日本人比率が比較的少なく、授業の雰囲気がとても良く優秀な先生が多くいると評判の学校だったからです。実際に通うと、それらの情報はまさにその通りで、充実した語学学校生活を送ることができました。

先生方は皆さんフレンドリーで、楽しくわかりやすい授業だったので、他国から来た仲間とも、すぐに打ち解けることができました。

最初に学生ビザで、入国した理由としては、最初に英語をきっちりと勉強することで、しっかりとした土台を作った上で、その後のオーストラリア生活を充実させたいという狙いがありました。 2年目はワーキングホリデービザに切り替えて、そこでより条件のよい仕事や、自分のやりたい事ができればという考えでした。

Q) なぜそのコースに決めましたか?

自分は、小さい頃からサッカーを続けていて、スポーツ一筋で生きてきました。 自分の将来を真剣に考えた時に、自分のストロングポイントを活かして、そこで勝負するべきだ。と思いました。例えば、今から医者や生物学者や芸術家になろうと思っても、自分の苦手分野でこれからいくら頑張っても、彼らのようなエキスパートには勝てそうにない。 っであれば、少しでも自分の能力、経験を活かせる世界でこれから先、戦っていきたいと考えました。

そこで、なぜスポーツのみを学ばず、ビジネスだったのかというと、よくこんな事を耳にしていたからです。
「英語を使える日本人はたくさんいるから英語が話せるからって。。」「スポーツ選手で英語が喋れる人も結構いるよね。。」というようなネガティブな声です。

今となっては、本当の意味で英語をビジネスレベルで使える日本人は、実際には本当に少なく、とても価値のあるものということに気付きましたが、当時の自分はどうしてもなにかオンリーワンになりたかった。(今でもオンリーワンになりたい気持ちは変わっていませんが。笑)

そこで、思ったのが [スポーツ×英語×ビジネス]をできる人ってあまりいないのではないか?ということです。
ここでなら、新しい自分のフィールドで、今後世界で戦っていける。そんな確信を力に変え、突き進んでいくことを決めました。

なぜDeakin University だったのかというとVIC州でこのコースの専攻で1番優秀とされている大学院がDeakin大学だったため、この院を選びました。 先に学びたい分野、コースを決めて、後に大学院を決めたという形です。

同コースで日本人は自分のみで、オーストラリア人、インド人、多国籍、中国人、のような順での比率のように感じました。

Q) コースを終えての感想、勉強してよかった点

コースを終えての感想、勉強して良かった点も数多くあります。

一つパッと浮かんだことは、学生生活を通して得た知識もそうですが、考え方が大きく変わったことです。 オーストラリアに語学留学、ワーホリ留学期間中でも、考え方が大きく変わりましたが、このコースで学ぶことができて、人に雇用されるという概念が無くなりました。

何かを学びたかったり、スキルアップをする為に、もしかしたら今後どこかの企業で働かせてもらうことはあるかもしれませんが、一生その企業で勤めあげるという概念は無くなり、今後は起業と経営に力を注いでいくつもりです。 このご時世、終身雇用は幻でしかありません。大企業に勤めようが中小企業に勤めようが、どこにでも、いつでもリスクがある時代です。起業をするのも当たり前ですがリスクがあります。 どうせリスクがあるなら、自分は自分がワクワクするような事に挑戦し続けて終える一生涯にしたいと考えています。

少し話がズレてしまいましたが、要は自分の力で起業して、生きていけるだけの知識、自信、モチベーションを得ることができた事は、このコースで学ぶことができてよかったことの一つだと思います。

Q) 卒業後の進路

語学学校(滞在1年))→ワーホリ(1年)→大学院(2年間)

を終えて、現在はメルボルン現地で会社を設立し、サッカー留学をサポートするエージェント業、現地子ども達向けのサッカーアカデミーの運営、カフェ経営など、大学院にて学んだ知識、経験を活かして、様々なビジネスを展開しています。

今後も、起業家 経営者として成長していければと思っています。

Kazukiさんのサッカー留学エージェント メルサカ:https://www.melbournesocceragent.com/

Q) iaeのサポートはどうでしたか?

iaeの方々には、本当にお世話になりました。 自分が今こうして充実した生活を送れているのは、iaeのの方々のおかげと言っても過言ではありません。 海外に来て、不安なこと辛いこと、多くあります。

そして語学力が未熟なせいで、多くのストレスがかかる海外生活です。今後将来のことも見えなくなる時もあります。そんな時に、iaeオフィスに来ると、いつも笑顔で接してくれて、とても心が休まる、まさに憩いの場所でした。そして適切なアドバイスを頂ける。iae オフィスに立ち寄った後は、気分がフッと楽になる感覚だったことをよく覚えています。

特に、担当して下さったKanako さんと、Mika さんには感謝の気持ちでいっぱいです。 プロの視点からのアドバイスやご意見は大変ためになることばかりで、自分の進路(人生)を決める重要な要因となりました。 又、仕事も素早く適切で、ストレスを感じることなくスムーズな段取りでサポートをして頂きました。
本当にありがとうございました。

最後にこれから留学される方に一言お願いします。

今後オーストラリア留学を考えている方へ伝えたいことは、一歩踏み出せたら、今見えている世界が変わる。ということです。
日本の、日本人の常識は、海外では常識ではない。日本の当たり前は世界の人にとって当たり前ではない。
日本で生まれ、そこでのみ生活する人の常識。 いい大学に入って、いい会社に入って、家庭を持って... 少し前までの幸せの定義とはそのようなものであったと自分の父親も話していました。

きっとその生活も幸せだと思います。しかし多くの人が他の選択肢をもっていない。もしくは知らないでその世界に突入していくという現実があります。 海外留学に出ることによって、その別の”選択肢”を持つことができるかもしれません。 その選択肢を持てた上で、選ぶ先はどんな道であれ、きっと後悔なく全力で進んでいけるはずです。

自分は、オーストラリア留学を決め、実践できたことで、多くの選択肢を持つことができました。
それは英語力であったり、人間力が磨かれたり、人との繋がり等、様々な事を通して見えてくるものでもあります。 日本で生活するだけでは決して得ることはできなかった選択肢を持つことができ、その中で本当に自分がやりたいことを選ぶことができています。

壁にぶつかったり、諦めそうになることもきっとありますが、諦めない限りはなんとかなる。
家賃も払えず家を追い出され、ホームレスと一緒に無料の炊き出しを食べていた私が断言します。 そして一生懸命な人には、助けてくれる仲間もきっと現れます。

今後 オーストラリア留学を考えている方にはぜひ挑戦してほしい。
オーストラリア現地で、10代〜60歳を超える方まで、多くの留学生に会いました。
いくつになっても挑戦し続ける、彼ら彼女達は輝いている方ばかりです。

今後、海外留学をする老若男女問わず全ての方の挑戦を応援しています。

 動画インタビュー

あやさんのインタビュー

 動画インタビュー

あかねさんのインタビュー

 動画インタビュー

サチさんのインタビュー

 動画インタビュー

はじめさんのインタビュー

 動画インタビュー

キコさんのインタビュー

 動画インタビュー

トモミさんのインタビュー

オーストラリア留学の特徴

自分の語学を伸ばしたい、専門学校・大学で専門分野を英語で学びたい。そんな中、他の英語圏に比べ、治安の良さ、物価の安さ、時差の少なさを理由に留学先、ワーキングホリデー先としてオーストラリアは人気の高い国として常に上位に位置となっています。

所在地

iae留学ネット
Level 5, 250 Collins street
Melbourne, VIC 3000 Australia
日本からのフリーダイヤル
 00531 20 9640
iae-japanアットiaeedunet.com