オーストラリア留学体験記

留学経験者が実際に感じたこと、体験したことをもとに留学情報をお届けします。
これから留学を考えている方、漠然と留学をしたいと思っている方、
先輩の声を参考に自分らしい留学を実現してください!

専門学校留学 ツーリズムコースと

Annaさん WILLIAM ANGLISS ツーリズムコースを受講 TAFE 専門学校

Q) オーストラリアに留学を決めたきっかけは?

日本では銀行で仕事をしていたのですが、前から海外に住んでみたいと思っていたので、日本にいる時からこつこつと貯金をしていました。
最終的にカナダとオーストラリアで迷っていたのですが、暖かい国に行きたいと思って、オーストラリアに決めました。
メルボルンを選んだ理由は、William AnglissはTourismコースに定評があると聞いたからです。
ただ、こちらには8月に到着したのですが、メルボルンの冬は寒いと知らず驚きました^^;

ツーリズムコース

Q) オーストラリアにお越しになってどちらのビザを取得されましたか?

初めからしっかりとツーリズムの勉強をしたいと決めていたので、学生ビザを申請しました。TAFEと提携のある語学学校と合わせて一度に申請しています。

ウィリアムアングリスTAFE

Q) 通学された学校名、コース名、コース期間を教えてください。

最初はTAFE入学に必要な英語力をつけるために、William Anglissと提携のあるDiscover Englishという語学学校で英語を勉強しました。
期間は一般英語コースと進学英語コースの合わせて20週間です。
その後は半年間のCertificate 3 in Tourism を受講して、現在Diploma of Travel and Tourismを受講中です。ツーリズムのコースは二つ合わせて1年間のコースとなります。

Q) クラスメイトの国籍やクラスの人数はいかがでしたか?

Certificate 3とDiplomaのコースともに一クラス25人くらいですね。ほとんどの生徒がCertificate 3の次にDiplomaを受講しているので、クラスのメンバーもほぼ同じで持ち上がりです。
私の入学した時期は日本人が私一人だけ、その他の留学生も4人ぐらいしかいませんでした。ローカル生ばかりのクラスですね^^;
次の入学月は5,6割が日本人だったそうで、最初はとても不安でしたが最終的にはとても良いタイミングだったと思います。
逆に日本人が一人もいない環境のほうが、恥ずかしい気持ちもなく積極的に英語を話すことができました。
オーストラリアの学校で面白いところは、ローカル生といっても、実際に家族代々オーストラリア人という人はその中でも数えるほどで、バックグラウンドはヨーロッパやアジアなど本当に様々でした。
留学生はスイス、フランス、トルコ…などなど国際色豊かなクラスです。

Q) 印象に残っている授業はありますか?

たくさんありますが、その中でもDiplomaのグループワークでオペレーショナルプランを作成した授業でしょうか。
メルボルンの市内近くにあるPort Melbourneには毎年夏になるとクルーズ船がたくさん発着するのですが、そのうち一つのクルーズ会社の方がゲストスピーカーとしていらして、その話をもとに自分たちでクルーズのオペレーショナルプランを作成するというものでした。
1か月ほどかけてプランを作成しましたが、クルーズから下りた後の乗客に対して何人のボランティアが必要か、手配するバスの台数、そのバスに対する駐車場の場所などなど…

詳細まで調べなければいけなかったので実践力が身につきましたよ。
実は私のグループには実際にクルーズ会社で働いているクラスメイトもいたので、その子から実際の現場の情報も聞けてラッキーでした^^
マーケティングの授業では、メルボルンにある水族館に行って、そこでマーケティング担当の方にお会いしたり、展示の裏方を見る機会もありました。
この経験をもとに、ツイッターなどのソーシャルメディアでの話題作り、マーケティングプランやちらしを作成するクラスも印象的でしたね。

Q) 勉強をしていて最大の悩みは?解決策は?

Discover EnglishからWilliam Anglissに進学した後の英語での授業に苦労しました…。
特に私の場合はクラスメイトのほとんどがネイティブスピーカーだったので、何度も何度も聞き返すことがありましたね。
私のクラスメイトの留学生もすでにオーストラリアに住んで3-4年という人たちだったので、授業についていくのに必死でした。
私の場合はとくにリスニングとスピーキングがネックです…。 私はクラスメイトと先生に恵まれていて、みなさんが課題などをサポートしてくれたので利用していませんが、William AnglissにはStudy support centreがあるので、そこでも留学生に英語のサポートをしてくれるそうですよ。

Q) オーストラリアのお気に入りスポットなどありますか?

ソレントやウィルソンズプロムがおすすめです!ソレントはとてもきれいなビーチで、ウィルソンズプロムは国立公園になっているのですが、エミューやウォンバットなどの野生動物が間近で見ることができてとっても楽しいですよ^^

Q) TOURISMコースでの経験は今のお仕事と結びついていますか?

はい!選択授業でインターンをとったので、学校から手配してもらった日系の旅行会社で週2日間のインターンを経験しました。
期間は8週間です。そのインターン先から引き続き仕事のお誘いをいただいたので、現在はそこで勤務しています^^
お客さんは日本に旅行をしたいローカルの方が中心なので、英語漬けの毎日ですね。
他の学生もインターン先でそのまま仕事を続ける人も多いですよ。
私のまわりでは、バックパッカー向け旅行会社やDestination Melbourneなどが勤務先のようです。

これから留学をされる方へメッセージをお願いします!

私は今までホームシックもなく、楽しく留学生活を送っていますが、まずはとりあえず何事も挑戦してみることが重要だと思います!
現在、旅行会社とは別に日本語教師もしているのですが、この仕事のきっかけは、オーストラリアのGumtreeというウェブサイトで求人を見つけたことからです。
日本語教師の資格も持っていなくて、経験もなかったのですが、求人を見てからすぐに電話をしたところ採用が決まりました^^生徒さんは主にお仕事されている方なので、弁護士さんなどいろいろな職種の方がいてこちらも勉強になります。
生徒さんは日本が好きで、日本についても私よりも詳しい人もいるので、ここでの会話が旅行会社での案内にも役立っています。

自分からどんどんいろいろなことに挑戦してみると、日本で生活していた時には考えられなかった人との出会いや経験がたくさんありますよ!

 動画インタビュー

トモミさんのインタビュー[2015.2]

 最新留学体験記

オーストラリア留学の特徴

自分の語学を伸ばしたい、専門学校・大学で専門分野を英語で学びたい。そんな中、他の英語圏に比べ、治安の良さ、物価の安さ、時差の少なさを理由に留学先、ワーキングホリデー先としてオーストラリアは人気の高い国として常に上位に位置となっています。

所在地

iae留学ネット
Level 5, 250 Collins street
Melbourne, VIC 3000 Australia
日本からのフリーダイヤル
 00531 20 9640
iae-japanアットiaeedunet.com