オーストラリア留学体験記

留学経験者が実際に感じたこと、体験したことをもとに留学情報をお届けします。
これから留学を考えている方、漠然と留学をしたいと思っている方、
先輩の声を参考に自分らしい留学を実現してください!

資格+語学 -ケンブリッジ検定コース-

Tomomiさん 大学を休学して留学。FCEとCAEを受講 資格

Q) オーストラリアに留学を決めたきっかけは?

前に一度1か月間メルボルンで短期留学をしたことがあり、住みやすいと感じたメルボルンで再度勉強をしたいと思ったから。当初休学留学は最後の選択肢で、1年学校が遅れることに迷いはありましたが、社会人の先輩たちに1年間の休学は大したことではない、学生のうちに留学を経験することは大切とのアドバイスを受け1年間の留学を決めました。

Q) 現在のビザ、受講したコースは?

学生ビザを40週間申請しました。 Victoria大学付属語学学校の進学英語→ケンブリッジ検定(FCE)→Business English→Discover Englishの進学英語→ケンブリッジ検定(CAE)を受講しました。

Q) 留学生活は?

最初の4か月間はVictoria大学の学生寮に滞在しました。200-300名の学生が滞在する中で8-9割はオーストラリアの学生、日本人は数名でした。ローカルの学生が多く、最初は戸惑うこともありましたが、週に1回開催されている学校貸し切りのクラブへ出かけたり、ムービーイベントなどのイベントに積極的に参加し、ローカルや留学生を含むたくさんの友達ができました。 コース終了後でもクラスメイトはもちろん、先生とも今でも交流があります。

Q) FCEを受講した理由は?

以前メルボルンで私立の語学学校の短期留学を経験したので、今回は大学付属の学校で勉強したいと思いVictoria大学の進学英語コースに入学しました。このコースは大学進学目的の生徒さんが多く、ライティング中心のアカデミックな勉強が多かったので、私の目的と異なり悩んでいたところ、ケンブリッジコース開講を知り興味を持ちました。 体験を受けたところ、日常生活に関する英語を学べて、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングをバランスよく勉強できたので受講を決めました。ILETSなどと違い、英語力を証明できる永久資格という点も魅力的でした。

Q) FCEの授業は?

私のクラスは5-6人。国籍はベトナム、フランス、カタール、韓国と様々でした。少人数で、みんなで同じ目的を持ったクラスメイトだったので、毎日楽しく大好きなクラスでした。 10週間のコースだったので、すぐに英語の伸びが実感できず不安な時もありましたが、バランスよく英語力をつけることができました。

Q) DISCOVERの進学英語はどうでしたか?

DISCOVERの進学英語を受講したもともとの理由は、ケンブリッジ検定/CAE受講にあたりライティングをブラッシュアップする必要があったからです。進学英語のAdvancedクラスはDiscoverの全コースを終了した人が多く在籍しているので、クラスのレベルも高くディスカッション中心の楽しい授業でした。また、毎週一つのテーマが与えられて週末にエッセーを提出という流れだったので、ライティングのよい勉強にもなりました。

Q) ケンブリッジ検定 CAEとFCEの違いは?

ケンブリッジ検定CAEはFCE同様、リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングをバランスよく勉強できるのですが、一般常識だけでなく専門用語や各国のアクセントなども含まれるので、より高度な英語力が求められます。ディスカッションのトピックスは、少子化問題、宗教や政治などの社会情勢や、中にはCave(洞窟)、映画ダウンロードについての見解など専門分野も含まれるので、英語力以外にも広い知識を身につける必要がありました。ネイティブでも難しいテーマが与えられることもあります。 DISCOVERで進学英語を受講していた時に、ディベートには幅広い知識を身に着けることが必要と感じていたので、新聞を読むなど日ごろから趣味以外にもアンテナを広げるようにしていたのがFCEにも役立ちました。

Q) お仕事はされていますか?

日本語教師の仕事をしています。 現在日本語を専攻していて将来は日本語教師になりたいので、今回の留学では現場を見ることができてとても良い経験になりました。夜間のクラスなので、学生さんやリタイアされた方など様々なバックグラウンドを持つ生徒さんが多く、大変ですがやりがいがあります。

Q) 日本での職務経験がない中で、今の仕事につくのは大変でしたか?

はい、大変でした。各国で日本語教師をしている方に日本語教師に関する情報をたくさんもらって、チューター等も経験しましたが、今の職場の情報を見つけて自分から応募をしました。 最初は授業見学から始まり、インターン等も経験しましたが最終的には自分のクラスを持つことができました。教材の準備や宿題の作成なども任されています。 夜10時過ぎに仕事が終わって、そのあと学校の課題などをこなさなければならなかったので、 両立が大変なこともありました。

留学中に心掛けていたことは?

常に積極的に行動することを心掛けていました。 Victoria大学付属校からDiscover Englishに学校を変更したのもそれが理由です。Victoria大学付属校では多くの友達ができてとても居心地が良かったのですが、英語上達のためには心地よい空間から抜け出し、環境を変えチャレンジすることが大切だと思いました。住まいも慣れてきたころに移動をし、よりローカルの人と接するようにしていました。

資格+語学 -ケンブリッジ検定コース-

こんな方におすすめ

-留学中に英語力を証明する資格を取りたい方
-読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく伸ばしたい方
-目標をもって集中して英語を習得したい方
-すでに基礎的な英語力をお持ちの方

コース概要

ケンブリッジ検定は、読む・書く・聞く・話す・文法の力を総合的に評価し、国際基準から受験者の英語力を判定するテストです。日本でも外資系企業を中心にTOEICだけではなく、このケンブリッジ検定を重視するところが増えています。英語が母国語ではないヨーロッパ人にとって、このケンブリッジ検定の合否が就職に多大な影響を与えるほど、EU諸国ではもっとも認知度の高い権威ある試験となっています。そのため、検定対策コースではヨーロッパからの学生が多く在籍しています。 ケンブリッジ英検の試験は、CPE、CAE、FCE、PET、KETの5つに分かれており、最高レベルのCPEに合格するということは、ネイティブにひけをとらない英語力を保有しているとうことです。もっとも受験者が多いのがFCEとCAEです。ケンブリッジ英検を受験するのであれば、国際的価値のあるFCE以上を取得しておきたいところですね。ケンブリッジ検定は永久資格なので、一度取得した後は更新の必要がないことも魅力の一つとなっています。

期間

10 週間から12週間

入学日

1月、3月、6月、9月

レベル

中上級レベル、IELTS5.0以上

ビザの種類

観光ビザ、ワーキングホリデービザ、学生ビザなど

受講料の目安

Tomomiさんの場合:FCE A$3,950 CAE A$3,740


目的に合った最適なオリジナル留学をご案内します。詳しくはお問合わせください。
http://australia-study.net/contact/

受講の内容

◆ ライティング-句読点の適切な使用、業務レター、レポートライティング、文章構成・編集
◆ リーディング-選択問題の理解、文章構造の理解、模試、誤文問題
◆ スピーキング-場所に関する表現、意見をまとめる、写真・情景描写、人物描写、模擬練習
◆ リスニング-選択問題の理解、ノートテイキング、模擬練習
◆ グラマーボキャブラリー-穴埋め問題、言葉の構成、間違い訂正、模擬練習  など

 動画インタビュー

トモミさんのインタビュー[2015.2]

 最新留学体験記

オーストラリア留学の特徴

自分の語学を伸ばしたい、専門学校・大学で専門分野を英語で学びたい。そんな中、他の英語圏に比べ、治安の良さ、物価の安さ、時差の少なさを理由に留学先、ワーキングホリデー先としてオーストラリアは人気の高い国として常に上位に位置となっています。

所在地

iae留学ネット
Level 5, 250 Collins street
Melbourne, VIC 3000 Australia
日本からのフリーダイヤル
 00531 20 9640
iae-japanアットiaeedunet.com