オーストラリア留学体験記

留学経験者が実際に感じたこと、体験したことをもとに留学情報をお届けします。
これから留学を考えている方、漠然と留学をしたいと思っている方、
先輩の声を参考に自分らしい留学を実現してください!

語学+ビジネスインターンシップ

Misatoさん 大学を休学して留学。ビジネスインターンを経験 休学留学

Q) オーストラリアのメルボルンに留学を決めたきっかけは?

シドニーで2年前に1か月間の語学留学をして、オーストラリアが好きになったので今回1年間のワーホリを決めました。マーケティングに興味があり、オーストラリアで仕事の経験をしたかったので、ビジネスインターンができるメルボルンのFusionに決めました。

メルボルンは世界でいちばん住みやすい都市と聞いていた通り、とても良い都市でメルボルンにきてよかったと思っています。
シドニーとメルボルンでは人々の雰囲気が違いますが、特にメルボルンの男性はシドニーと比べ細見でアーティスティックな人が多いと感じました。(笑)

会社の先輩

Q) ビザの種類、受講した学校やコースは?

大学の3回生を休学し、WHビザを取得して渡航しました。Fusion Englishでまずは一般英語を受講して次にビジネスインターンを経験しました。その後ビジネス英語を受講しています。

ビジネス英語はインターンの前に受講する予定だったのですが、インターンの後に受講したことで インターンをしたときの経験をもとにロールプレイにも参加できたので結果的に良い順序で受講できました!

ホストファミリー

Q) ビジネス英語コースで印象に残っている内容はありますか?

クラス内でのロールプレイが難しかったので、印象に残っています。ビジネス英語は日本人一人、ブラジル人、ヨーロッパ系、コロンビア人など国籍多彩で、10人位だったので、サイズや国籍バランスもちょうど良いクラスでした。
特に難しかったロールプレイは、クラスメイト内でSellerとShop側に分かれ商品の仕入れ個数や値段交渉をしたことですね。南米やヨーロッパからの生徒さんは意思が強い方が多いので^^;ロールプレイであっても彼らと交渉をするというのは大変でした。

その他、オーストラリアで有名なビジネス番組“シャークタンク”を模倣したロールプレイでは、自分の架空ビジネスを投資家役のクラスメイトにプレゼンすることもありましたし、ロールプレイを通して、商品の満足度アンケートの取り方を学ぶクラスもありました。
どの内容も実践的で難しいものもありましたが、楽しかったです。

インターンをした会社の人たち

Q) ビジネスインターンが決まるまでのプロセスはどのようなものでしたか?

インターンエージェントの方と2,3回程で打ち合わせをしていく中で、仕事までの準備を進めていきました。
担当者はオージーの方なので全て英語でしたが、オーストラリアのビジネスマナーを教えて下さったり、親切に相談にのってくれました。
私はオフィスワークのマーケティングに興味があったので希望したところ、マーケティングの会社に配属していただけました^^

私を含め4人の小さな会社でしたが、セクシャルマイノリティーの雑誌やイベント、TVプログラムなどにも携わっている会社だったので、勉強になることがたくさんありました。

旅行

Q) インターンを通して心掛けていることはありましたか?

はい、何でも積極的に自分からコミュニケーションをとることを心掛けていました。
インターン初日からスタッフの一員として接してくれるので、スタッフミーティングにも参加しましたし、マーケティングの広告デザイン構成について私の意見を聞かれることもありました。その分インターン生だからといって、手取り足取り一からすべて教えてくれるわけではなく、英語のスピードもネイティブレベルなので、その都度分からないことがあればすぐに確認していました。とくにスーパーバイザーの英語がなかなか聞き取れず、最終的には携帯で録音をさせてもらって作業をしていました。

仕事の合間に同僚をランチに誘ったり、仕事外でも積極的に行動していましたよ。 今では職場の皆さんとFacebookで繋がっています^^

インターン先ではオーストラリアならではの環境で仕事ができ、とても良い経験ができました。
先日メルボルンで開催されたコメディーフェスティバルにも携わったりと、楽しいことも沢山ありましたよ。
インターン中以外でも、仕事探しも積極的に行いました。アーバンスプーン(オーストラリアの食べログのようなもの)で自分の働きたい場所、雰囲気、価格帯を選択して、その中でヒットしたレストランに自分からレジュメを配りに行って、仕事を見つけました!

Q) MISATOさんが日本から持ってきて便利だったものなどあれば教えてください!

女性の方には、タイツは日本から持参することをおすすめします。こちらのタイツは高い上に質もよいものが少なく、メルボルンの冬は寒いのでタイツは便利ですよ。また、お風呂で体を洗う用のタオルもこちらではあまり見かけないので、日本からもってくると便利です。

これからビジネスインターンに参加される方にアドバイスなどありますか?

私は自分でマーケティングの職場を希望したのですが、学生ということもあり実際の職場で働いたことがなかったので、マーケティングについての知識がありませんでした。仕事をはじめて、事前にこのフィールドの勉強をしておけばよかったと思ったので、これからインターンを考えている方には少しでも希望するフィールドの勉強をしておくことをおすすめします。また、アドミの仕事の場合ワードとエクセルは必須で、職場では全て英語バージョンのことが多いと思うので、簡単な操作には慣れておかないと仕事先で苦労すると思います。

私も初日にエクセルの使い方がわからず大変だったので、その夜日本語でエクセルの使い方を必死に勉強しました^^;

目的に合った最適なオリジナル留学をご案内します。詳しくはお問合わせください。
http://australia-study.net/contact/

 動画インタビュー

トモミさんのインタビュー[2015.2]

 最新留学体験記

オーストラリア留学の特徴

自分の語学を伸ばしたい、専門学校・大学で専門分野を英語で学びたい。そんな中、他の英語圏に比べ、治安の良さ、物価の安さ、時差の少なさを理由に留学先、ワーキングホリデー先としてオーストラリアは人気の高い国として常に上位に位置となっています。

所在地

iae留学ネット
Level 5, 250 Collins street
Melbourne, VIC 3000 Australia
日本からのフリーダイヤル
 00531 20 9640
iae-japanアットiaeedunet.com