オーストラリア留学体験記

留学経験者が実際に感じたこと、体験したことをもとに留学情報をお届けします。
これから留学を考えている方、漠然と留学をしたいと思っている方、
先輩の声を参考に自分らしい留学を実現してください!

英語教授法(TESOL)コース

Mamiさん UITで 英語教授法(TESOL)を受講 TESOL

Q) 留学を決めたきっかけは?

オーストラリアに留学を決めた理由は、ここに留学する前に別の国で短期英語留学をしており、そこでもっと英語を勉強したいという気持ちと英語教授法(TESOL)、資格取得などを現地で英語環境で学びたいと思っていたからです。もちろん日本でも受講し、TESOLを取得することは可能ですが私は将来的にも英語を母国語としない人々にいろんな場所で教えられたら素敵だと思ったのと、英語で英語を教えるということにも興味があったので決めました。また、英語力も伸ばしたかったので自分自身を英語環境におくという目的もありました。

出発前の準備というのは短期留学から帰国前にオーストラリアに行きたいと決めていたので帰ってからすぐに日程を決め、出発日の航空券を買い、何があっても絶対行くようにしました。
その間、約半年間はアルバイトをして出来るだけお金を貯めました。なので、準備という準備は短期留学から帰ってくる前からしていたのかもしれません。visaなどの準備は余裕を持って3〜2ヶ月前、荷物などは1週間くらい前から始めたと思います。

グラフィティ・アートメルボルン

Q) オーストラリアではどのようなビザを申請しましたか?

最初はワーキングホリデービザ、その後学校に行ったので学生ビザに変更しました。

Q) クラスメイトの国籍やクラスの人数はいかがでしたか?

TESOLクラスは少人数で私の時は私自身を含め6人のクラスメイトでした。私以外は全員多国籍で、韓国人2名と台湾人、コロンビア人、オーストラリア人それぞれ1人ずつです。みんな女の子でした。とても仲良くなり、一緒に分からない所を残って勉強したり、相談にのったり、アドバイスをしてもらったり、ご飯を食べにいったり、とても楽しかったです。また、ネイティブスピーカーがクラスにいた事も凄く良かったです! 担任の先生ももの凄く明るく、分かりやすく、楽しく、親切で、とてもいい先生とクラスメイトに会う事が出来ました。

私が通った学校のTESOLコースのみんなは英語に対しての意識が高く、同じ国籍の友達と学校であうと母国語で話しがちですが、私はクラスメイトが母国語で会話をしている姿(オーストラリア出身の学生を除いて)をみたことがありませんでした。必ず学校では誰が相手でも英語で喋るようにみんな徹底していたので、凄く刺激にもなるし、頑張ろうと言う気持ちにもなれました。

ビーチ メルボルン

Q) 印象に残っている授業はありますか?

私は初めはついていくのに必死で、分からない事も沢山ありましたが、やはり授業をうけていくと自然にリスニング力が上がって分かるようになり普段の授業が楽しくなりました。とくに、Observationでいろいろなレベルのクラスを担当している先生方の授業を見に行ったり、practicumで自分自身が教える立場になった時の授業の用意、組み立てから実践は貴重な体験でした。

また私は全クラスメイトの授業を毎回見に行っていたのですが、それもとても参考になりました。先生が授業をしてくれて生徒である私達が学ぶ授業と、授業を観察して学ぶという授業、実際に教えるという授業。いろいろな立場から観れる授業が私にとってとても印象深かったです。

Q) 難しかった課題、授業内容はありますか?

難しかった点は、テキストです。 最初にテキストとノートを配布されたときに既にやる気を落としそうになるくらい分厚くて、重くて自分がこの量のそしてこの英語レベルの授業を無事終了出来るのか不安でした。 また、課題も毎回考えて、テキストをよく読んで、さらにアイディアを出して、時間をかけないと出来ない物ばかりで授業がはじまってから終わるまで毎回苦戦していました。クラスメイトも先生もつまづいたり理解出来なかったときは分かるまで教えてくれたし、ヒントなどもくれたのでなんとか自分自身の力で終了する事ができ、達成感はとても大きい物でした。

私にとって難しかったのは課題がやはり大きいですがテキストが終わる頃には、英語の本も前よりスムーズに読める様に感じたし、ライティングも自分の弱点がわかったり、スピーキングもリスニングもレベルアップを凄く感じました。 授業内容や課題が難しい分時間もかかりますがその分英語に向き合う時間が長くなるので、私にとってはよかったと感じます。

これから留学される生徒さんにアドバイスをお願いします!

留学をされる方、また迷ってる方は是非一度海外にいってたくさんのことを経験してみてください! 語学を学ぶにはその場所に行って文化の違いや現地の人々にあって友達をつくって生活するのが一番だと思います。沢山大変な事も失敗、笑えないような恥ずかしい事もありますが、帰る頃には全部笑い話になっているはずです!! 楽しんで勉強をして楽しんで働いて、遊ぶことも楽しんで、いろいろなことに挑戦してみてください!

 動画インタビュー

トモミさんのインタビュー[2015.2]

 最新留学体験記

オーストラリア留学の特徴

自分の語学を伸ばしたい、専門学校・大学で専門分野を英語で学びたい。そんな中、他の英語圏に比べ、治安の良さ、物価の安さ、時差の少なさを理由に留学先、ワーキングホリデー先としてオーストラリアは人気の高い国として常に上位に位置となっています。

所在地

iae留学ネット
Level 5, 250 Collins street
Melbourne, VIC 3000 Australia
日本からのフリーダイヤル
 00531 20 9640
iae-japanアットiaeedunet.com