オーストラリア留学体験記

留学経験者が実際に感じたこと、体験したことをもとに留学情報をお届けします。
これから留学を考えている方、漠然と留学をしたいと思っている方、
先輩の声を参考に自分らしい留学を実現してください!

専門学校留学 BEAUTYコース

KEIKOさん HeadmastersでDiploma of Beauty Therapyを受講 TAFE 専門学校

Q) オーストラリアに留学を決めたきっかけは?

姉がメルボルンに住んでいたのと、私自身日本のジュリークで仕事をしていたため、 メルボルンでの生活に興味を持ったからです。

オーストラリア専門学校留学
TAFE ビューティ

Q) 現在のビザの種類は?

1年ほど前にまずは観光ビザで、その後ビューティー系の勉強をしたくなり、学生ビザを申請しました。日本でもアロマ等の経験があった分野、ビューティーの勉強をしたいと思いこの学校に入学しました。今回はビューティー関連について幅広く学んだので、次はより興味のあるリメディアルマッサージの学校に進学が決まっています。

Q) 今まで通われた学校は?

EMBASSYの一般英語と進学英語コース。その後ヘッドマスターのDiploma of Beauty Therapyを1年間受講しました。

Q) 授業で大変だったことはありますか?

最初は英語で専門用語を理解するのに苦労しました。先生にお願いをして、最初の半年は授業を録音して課題などをこなしていましたが、最近になってやっと自力で授業を受けることができるようになりました。友人に聞くと学校によっては録音をしてはいけない学校もあるので、理解のある先生でよかったと感じています。

Q) 授業のスケジュールは?

授業は週3回(月⁻水)8:30-16:30終日行われました。基本的に午前中はセオリー、午後は実技。 メイク、ネイル、ワックス脱毛、マッサージ、フェイシャルなど8週毎位で美容全般について学びました。施術だけでなく、マネージメントについても勉強したので、課題の一つには自分でサロンを経営する場合の 私のクラスは日本人一人。オージー2割、インターナショナル8割のクラスだったので授業のスピードもちょうど良かったです。

Q) 苦労した授業はありますか?

ワックス脱毛クラスの課題で、10-20人のモデルを自力で探して脱毛をするということがありました。ローカルの学生は友達を通じて比較的簡単に探していましたが、私はオーストラリアにきたばかりで友達も少なく、ノルマを達成するのが大変でした。 Embassy出会った友達が課題を助けてくれたこともあり、人との出会いの大切さを実感しました。

これから留学をされる方へメッセージをお願いします。

授業は楽しかったのですが、日本人の殻を割り切れず、今思い返すともう少し積極的に参加すればよかったと思っています。学校でもKeikoはいつも静かだねとよく言われていました。このコースは経験者でなくても好きという気持ちがあれば問題なく受講できるので、これから受講する日本人の生徒さんには是非積極的に受けて欲しいと思います。

 動画インタビュー

トモミさんのインタビュー[2015.2]

 最新留学体験記

オーストラリア留学の特徴

自分の語学を伸ばしたい、専門学校・大学で専門分野を英語で学びたい。そんな中、他の英語圏に比べ、治安の良さ、物価の安さ、時差の少なさを理由に留学先、ワーキングホリデー先としてオーストラリアは人気の高い国として常に上位に位置となっています。

所在地

iae留学ネット
Level 5, 250 Collins street
Melbourne, VIC 3000 Australia
日本からのフリーダイヤル
 00531 20 9640
iae-japanアットiaeedunet.com