オーストラリア留学体験記 | はるか

メルボルンを選んだ理由…

私は現在、日本の大学を1年間休学して
オーストラリアに留学に来ています。

私がどうして休学留学を選択したかというと、
帰国後に始まる就職活動に向けて、英語力はもちろん、
スキルや経験が欲しいと思ったからです。

私が以前から留学中に体験したいと
思っていたことは、語学学校で英語を学ぶ、
海外企業でインターンシップをする、
現地の人々と交流をする、色々な国の人々と
交流するなどです。

そのような目標を1年間で達成するには
どこを選んだら自分にベストな留学に
なるのかとても悩みました。

その時、オーストラリアは学生ビザで
学校に通いながらも週20時間での
アルバイトができること、インターンシップが
充実していることを知りました。

他の国では、学生ビザではアルバイトが
できなかったり、ワーキングホリデービザが
なかったり、制限されることが多いことを知りました。

オーストラリアは自分の目標を達成するのに
ぴったりだと思ったので留学先に決定しました。

1年間の長期留学ということで、
オーストラリアの中でも、数年連続で
世界一住みやすい街に選ばれている
メルボルンを選びました。

語学学校について…

Discover Englishの一般英語で
Pre intermediateから入学し、
advanceに合格し、その後ビジネス英語を
学んでいます。

ビジネス英語のクラスでは、
ディベートなどを授業に
取り入れているのでスピーキングと
リスニングの機会が増えました。

正直、昔から勉強は得意な方ではなく、
テストではなかなか良い点が取れなくて
落ち込む日々もありました。

そんな中、先生や日本人スタッフの方々から
貴重なアドバイスを頂きながら、自分の英語力が
伸びているのが実感できたときは本当に嬉しくて
もっと頑張ろうと思えました。

同じクラスの学生はイタリア人、
チェコ人、コロンビア人、スイス人、
韓国人、日本人、ブラジル人がいます。

日本人は3人だけなのですが、私以外は
とんでもなく高学歴で最初は、ついていけるか
不安でしたが、皆自分の良い部分をシェアし、
弱点はフォローし合っていて一週間くらいで
慣れてしまいました!

自然に自分に合った勉強方法が
身についてきているように思えます!

先生と生徒の距離が近く、アットホームな
雰囲気が魅力的です。休み時間には友達と
おしゃべりをしたり、放課後にはみんなで
ランチに行ったりもします。

悩み事や将来のことを相談し合える
外国人の友達もできました。

母国語も絶対使ってはいけない
ということで、辞書も英英辞書のみ
使用可能でした。先生は厳しくても、
勉強に役立つアプリやウェブサイトなども
教えてくれて授業以外での自習もはかどるようになりました。

ホームステイ、シェアハウス、学生寮…

メルボルンに到着して初めは、事前に
日本の留学エージェントでホームステイの
予約を取っていました。

1ヶ月間のホームステイ滞在予定でしたが、
空港にてピックアップしてくれるはずだった
ホストファミリーが10時間来ず、その後も
トラブル続きだったため、
約1週間でホームステイを辞め、
その後はシェアハウスが見つかるまで
学生寮に移り、シェアハウスがせっかく
見つかったのに外国人シェアメイトとトラブルになり、
また新しいシェアハウスに引っ越したりなど
引越しは現時点の7ヶ月で、5回経験しました。

日本に帰るまでに、もう一度ホームステイを
きちんと経験したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です