インターンを終えて Yoshiさん

こんにちはインターンのYoshiです。

今日でインターンが終わりになるので、ブログを書くのも今日が最後です。 😁😁

期間にすると研修も入れて3ヶ月と少し、短いような、長いような笑

そもそも僕がインターンに参加しようと思った理由は、現在セカンドワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在しているんですが、1年目を終えるタイミングで、セカンドにそのまま切り替えるか迷っていた時、その当時は特にこれといった滞在目的がなく、1年目の延長線でただ終わってしまうような気がして、とりあえず一旦日本に帰国しました。 😃

それから、日本でどうやったら自分の将来のためになる経験をオーストラリアで得ることができるのか、果たしてオーストラリアに戻ることが正解なのか、悩んだ結果、元々自分の到達地点は日本で働くという方向に向いていなかったので、海外でインターンという言葉が浮かびました。 🤔

僕は元々旅行が大好きで、特に東南アジアがすごく好きでした。そしていつか東南アジアで働きたいという気持ちが大学時代からあって、いろいろ悩みましたが、その目的のためにまずオーストラリアで英語を学ぼうという気持ちで、新卒で入った会社を辞めて、オーストラリアにワーホリに来ました。 🙄

話がそれましたが、今回セカンドでインターンをする為にオーストラリアに戻ってきたわけですが、僕が東南アジアでやりたい仕事の方向性は、現地在住者、これから渡航する学生やツーリスト、リタイアメントで現地滞在を考えている人のサポートというのをざっくりですが考えていて、できればそれに近い仕事ができるインターンを探していました。 😁

そういった仕事であれば、メルボルンより大きなシドニーに行くほうがいいのかなと思っていましたが、1年目にファームにいた期間以外はずっとメルボルンにいたので、友人も多く、愛着もあるメルボルンに帰ってくることを決めました。 ✌

とりあえず、メルボルンに帰ってきてから、会った友達みんなにインターンをやりたいと思ってるていう話をしていたら、ある友人の友人がiaeでインターンをしていて、しかも今インターンを募集しているとの情報を聞きつけました。

元々iae留学ネットを使っていた知り合いもいて、留学サポートの会社ということは認識していたので、自分のやりたいことに対して非常に近いということで、迷うことなくレジュメを持っていきました。
やはりこういう繋がりがあるので、長くいた街に帰ってきてよかったなと思いました。

Iae留学ネットで仕事をしてみて
思った以上に覚えることが多く、仕事の幅も広いので、かなり大変でした。僕自身、仕事をさっと覚えられるタイプではないので、苦労しましたし、恥ずかしながら、もう終わりなのにも関わらず、今でも自分より後に入ってきたインターン生よりできない事が多い気がしてます。 ✌

ブログや、フェイスブック、インスタグラムの更新のほかに、英語での電話対応、来客対応、その他いろいろ、、
イレギュラーなことが起きるといつも焦ってました。ほとんど助けてもらっていた気がします。 ✌

ただ、海外のオフィスで、さらに多国籍の人たちが集まる職場で働くことができたという経験は、自分の中にずっと残りますし、この先東南アジアで仕事を探すとき、あるいは日本でも、この経験が大きな自信になると思いますし、最後までやってよかったなと感じています。 👌

ありがとうございました!
Yoshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です