オーストラリア留学体験記 | たかふみ

たかふみ インターンシップ オーストラリア

僕は高校を卒業してメルボルンに来ました。海外で生活してみたい、英語力を身につけたいと思い、海外留学を決めました。メルボルンを選んだ理由は、治安も良く生活しやすいと聞いたのでメルボルンにしました。全豪オープンを見に行きたいという理由もありましたが、、、。そこで知り合いからiae留学ネットを紹介してもらい色々とお世話になりました。

オーストラリアに来た時最初の1週間はホームシックでした。親元を離れて暮らすというよりも友達がいなかったことが一番つらかったです。英語も全く話せず、悔しかったのを覚えています。ホームステイ先には中国人の生徒がいて、ホームシックの僕をすごく励ましてくれました。一緒にご飯に連れて行ってくれましたが、自分の食べたいものすらオーダーできない僕をサポートしてくれた彼にはとても感謝しています。

最初の半年はDeakin Language Schoolに通いました!英語の文法などは高校で勉強したのですが、会話力がなかったので、すごくいい勉強になりました。語学学校では友達がたくさん増えて今でも仲の良い友達がいます。語学学校ではみんなでゲームをしたり、プレゼンテーションをしたり、日本にはあまりない勉強のスタイルだと思います。先生もすごくフレンドリーで学校以外にもホームパーティーに招待してもらったり、たくさんの思い出があります。

その後はDeakin Uniに入学しました。最初は語学学校と違いローカルの生徒と混じって授業を受けるので英語のレベルが違いすぎてかなりショックでした。先生の英語を話すスピードも語学学校とは比べ物にならないほど、速く授業についていくのが大変で、すぐに親に電話した記憶があります。これまで勉強したことのないビジネスに関してのレポートも2000文字から3000文字など山のような課題をこなすのも大変でしたし、テスト勉強も大変でした。慣れていないためか成績も思ったように残すことができず、苦労と挫折の1年間を過ごしてメンタル的にもきつい日々を過ごしました。そこで、一度学校を変えてみようと思い、Canberra Uniに転校しました。最初の失敗を生かし、必死に勉強したため、良い結果を出すことができました。今まで高校受験や大学受験で色々と勉強しましたが、今ほど勉強していなかったと思います。

オーストラリアでインターンシップ

学校では苦労していますが、親やカウンセラーの方はもちろん、協力してくれる友達や一緒にサッカーをしている友達、職場の仲間など様々な人に支えてもらって今まで充実したオーストラリア生活を過ごすことができました。しっかり勉強し、感謝の気持ちを忘れずに残り1年間一生懸命頑張っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です