インターンシップ体験記 | 里紗

私がインターン職に応募をしたきっかけは
その時同じくiae留学ネットでインターンをしていた友人の影響です。

以前からオーストラリア留学に関する
なにかがしたいと思っていたので、
その友人のやってみたら?の一言で
履歴書を送ってみようと思いました

ただ、冷静に考えてみると友人は
英語もすごく喋れるし、私には無理かも。。。

落ちたら嫌だしなぁ、、、マイナスな
ことばかり考え、履歴書を送るのも正直迷いました。

私は、今までレストランでの経験が多く、
前職のみ、レセプションの仕事をしていました。

レセプションでは電話対応がとても苦手でした。
でもあえて苦手の場所に行くことによって
得られるものが多くありました。

それを思い出し、今、苦手なところに
注目するのではなく、できることをアピールしよう!
新しいことにチャレンジして、苦手な英語での
電話対応も克服したらまた自分自身大きく成長できる

また、ニュージーランドにワーキングホリデーと
語学学校にも行っていた経験もあるので、
オーストラリアにきて不安な気持ちやわからないことを
手助けしたり、アドバイスがあげられたら、、、と思い、
最大限に自分自身をアピールをしました。笑
インターンを実際にしてみると、
覚えることがたくさんあって大変‼️

オーストラリアの生活情報やiae留学ネットの
ベライングリッシュについて自分の経験なども
交えて話しているしょうこさんのように、
どうやったらわかりやすく理解してもらえるか、
英語でも日本語でも説明するのが本当に苦労しました

そしてiae留学ネットを知ってもらうためにやっている
インスタグラムやFacebookの記事
考えるのも正直一番大変でした。

でも途中からあらかじめ記事を考えたり、
こんなのを次は載せようと思うニュースを
改めてわかりやすく説明するためにまた調べたり。。。

情報発信していくに当たって、あたらめて知る
オーストラリアやメルボルンのこと、
知らなかったことがこんなにもあるんだ

インターンをしていなければ、
興味がわかなかったこと、調べていなかったことを
垣間見るとても新鮮な時間でした

そして新たな情報や、メルボルンのことを
わかっていくうちにあまり馴染めないな。
と思っていたメルボルンもだんだん好きになっていました

苦手だった電話対応も何度かやっていくうちに
慣れや、度胸が付き、自分ができない、
聞き取れないと勝手に思い込み、
臆病になってしまっていたことに気づきました

それからは、わからなかったり、
聞こえづらかったときは
「聞こえなかったからもう一度言ってくれる?」
と言える度胸もつきました。

この頃からアルバイト先の電話も
取ることができるようになり、
インターンをしていて苦手なことが
できるようになってうれしい
気持ちを感じることができました。

そして色々な方がiae留学ネットにきて、
ワーキングホリデーから学生ビザに
切り替えて勉強したり、年齢関係なく、
新しく勉強したいとおもう姿に感慨を受け、
何歳になったとしても人間やりたいことがある、
目標があるって本当に素晴らしいことだな
自分自身ももっともっと貪欲にそして、
やりたいことに突き進む気持ちを
また持ちたいな と刺激を受けました

これからメルボルンに留学を考えていたり、
iae留学ネットでインターン職に興味があれば、
ぜひ挑戦してほしいです

私もまだまだ学ぶことが多いですが、
何事も挑戦すれば必ず得られることがあります。

そして私のように苦手だと思っていることでも
やってみるとただ思い込んでいただけで、
実際にできることって多いと思います。

英語が喋れないから海外なんて。。。
そう思ったらぜひ逆に挑戦してみる。
それって大事だと思います。

苦手だからこそやってみようって思った過去の自分に乾杯

またiae留学ネットのスタッフの方々が
とても親切だったからこそ、この3ヶ月がんばれました

日本問わず韓国、タイ、台湾、中国、、、
一度にこんな国々の方々と関われる
機会がなかったので新鮮でした。

そして、メルボルンで長く暮らしている
日本の方々の生活情報が聞けたり、
長く住む予定の私にとってスタッフの
みなさんとお話するのが本当に楽しかったです

3ヶ月間本当にありがとうございました
里紗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です