英語が苦手だけど、成長したい | 小畠佳奈さん

ブライトンビーチ iaeインターン

オーストラリアへ留学するまで、
私にとって英語は「受験のためのツール」で
しかありませんでした。

中学高校の6年間、ひたすら文法に
焦点を絞って勉強してきたため、
その反動で受験後はさっぱり英語に
かかわることがなくなりました。

英語に触れることを避けていたと
言ってもいいかもしれません。

大学で第二外国語として専攻した
中国語に興味を持ち、北京への
短期留学を経て就職し、ほんの少し
中国語を使って仕事をしていましたが、
仕事に忙殺される日々に違和感を持ち、
退職して地元へ戻りました。

退職の際、同僚に「ワーキングホリデーに行ってみたら?」と
進められ、年齢的なこともあって最後のチャンスだと思い、
資料を集め始めました。調べていくうちに、
国によって若干の期間の差はありますが
ワーキングホリデービザでは数ヶ月しか学校に
通えないことがわかり、英語できちんと意思疎通が
できないまま仕事をするより英語のスキルをしっかりと
身につけることが自分にとってベストだと思い、
学生ビザを取得して1年間学校へ通うことを決めました。

メルボルンの英語学校

しかしこれまで一度も英語圏へ旅行にも
行ったことがなく、都市の前にどの国を
選んだらいいのかさえわからない状態でした。

メルボルンに決めた理由は、留学エージェントの方が
とても熱心にこの街や語学学校について説明して
くれたことと、安全で住みよい都市の
世界ランキングで1位になり、人も気候も
あたたかいというイメージがあったからでした。

気候についてはメルボルンは国内のほかの
都市と異なり、晴れない日と寒い日が多いことを
到着後に知ったのですが、私の選択は間違って
いなかったと断言できます。

その理由は私がメルボルンで出会った人達です。
到着後の1ヶ月はホストファーザーが育児休暇を
取得している家庭にホームステイをしました。

日本とは違う家族や子育てのあり方に
触れるとても良い機会でした。

その後はアパートシェアをしています。
家族以外と暮らすのは初めてだったのですが、
気の合うシェアメイトと毎日一緒に食事を
作って食べたり出かけたりと、形は違いますが
もうひとつの家族ができたような気持ちで、
本当に居心地がいいです。

友達とパーティー メルボルン

現在通っている語学学校INUS Australiaでも
様々な国籍の友人が沢山できました。

聞いていたとおり日本人が他校と
比較して少なく、現在のクラスには
日本人がいないため、英語での
コミュニケーションが必須になります。

また自国で社会人経験がある学生が多く、
同じような悩みや夢を持っているので、
初めはお互いの英語が理解できずに
もどかしい思いもしましたが、
今ではすっかり打ち解けています。

私は1年間のコースを申し込んだので、
General English以外にもBaristaコース、
IELTS やケンブリッジ検定対策講座にも
コース変更が可能で退屈はしそうにありません。
何より自分がやりたいことに集中できる
環境なのでとても幸せです。

久しぶりの学生生活で、午前中は授業を
受けて午後からはインターンシップや
図書館へ行ったり、アルバイトをしたりと、
体調を崩すこともなく規則正しい充実した
日々を送れています。

またiae留学ネットでのインターンシップは
海外のオフィスで働くというとても貴重な
経験でした。

きっと10年前だったら現在のような
気持ちではなかったと思いますし、
お金や時間の大切さを感じつつ、
今後もやってみたいことには何でも
挑戦していきたいです。

Shrine of Remembrance メルボルン

メルボルンへ来て5ヶ月弱が
経過しましたが、これまで出会った
人達のおかげで視野が少し広がったと思います。

日本人であることを毎日意識する場面に
出くわしますが、それは自分と日本を
客観的に見れるチャンスだと思います。

帰国後は英語を活かした職に就きたいと
考えていますが、まだ定まっていないので
焦らずに決めていこうと思っています。

1年間海外で生活したいという
私を反対せずに見送ってくれた
家族に胸を張って帰れるよう、
残りの期間を後悔がないように過ごしたいです。

小畠佳奈 iae留学ネット
インターン期間;2015年6月中旬~7月中旬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です