オーストラリア留学体験記 | たかふみ

たかふみ インターンシップ オーストラリア

僕は高校を卒業してメルボルンに来ました。海外で生活してみたい、英語力を身につけたいと思い、海外留学を決めました。メルボルンを選んだ理由は、治安も良く生活しやすいと聞いたのでメルボルンにしました。全豪オープンを見に行きたいという理由もありましたが、、、。そこで知り合いからiae留学ネットを紹介してもらい色々とお世話になりました。

オーストラリアに来た時最初の1週間はホームシックでした。親元を離れて暮らすというよりも友達がいなかったことが一番つらかったです。英語も全く話せず、悔しかったのを覚えています。ホームステイ先には中国人の生徒がいて、ホームシックの僕をすごく励ましてくれました。一緒にご飯に連れて行ってくれましたが、自分の食べたいものすらオーダーできない僕をサポートしてくれた彼にはとても感謝しています。

最初の半年はDeakin Language Schoolに通いました!英語の文法などは高校で勉強したのですが、会話力がなかったので、すごくいい勉強になりました。語学学校では友達がたくさん増えて今でも仲の良い友達がいます。語学学校ではみんなでゲームをしたり、プレゼンテーションをしたり、日本にはあまりない勉強のスタイルだと思います。先生もすごくフレンドリーで学校以外にもホームパーティーに招待してもらったり、たくさんの思い出があります。

その後はDeakin Uniに入学しました。最初は語学学校と違いローカルの生徒と混じって授業を受けるので英語のレベルが違いすぎてかなりショックでした。先生の英語を話すスピードも語学学校とは比べ物にならないほど、速く授業についていくのが大変で、すぐに親に電話した記憶があります。これまで勉強したことのないビジネスに関してのレポートも2000文字から3000文字など山のような課題をこなすのも大変でしたし、テスト勉強も大変でした。慣れていないためか成績も思ったように残すことができず、苦労と挫折の1年間を過ごしてメンタル的にもきつい日々を過ごしました。そこで、一度学校を変えてみようと思い、Canberra Uniに転校しました。最初の失敗を生かし、必死に勉強したため、良い結果を出すことができました。今まで高校受験や大学受験で色々と勉強しましたが、今ほど勉強していなかったと思います。

オーストラリアでインターンシップ

学校では苦労していますが、親やカウンセラーの方はもちろん、協力してくれる友達や一緒にサッカーをしている友達、職場の仲間など様々な人に支えてもらって今まで充実したオーストラリア生活を過ごすことができました。しっかり勉強し、感謝の気持ちを忘れずに残り1年間一生懸命頑張っていこうと思います。

オーストラリア メルボルンでの経験 | 鈴木さゆりさん

クラスメイトとパーティ

語学学校(embassy)
最初の五か月間、語学学校で一般英語のコースとFCEコースで勉強しました。初めての授業は今でも忘れられません。言っていることも分からず、もちろん日本語も使えず、何てところに来てしまったのだろうと思いました。毎日欠かさずやっていたことは、その日に分からなかった単語をメモしておくことと、英語で日記を書くことです。

一般英語コースでボキャブラリーと使えるグラマーを増やしてから、FCEコースをとりました。特にスピーキングを伸ばしたかったので授業後も友達とスピーキングの練習をして、FCEのテストに向けて取り組みました。
エンバシー語学学校

カレッジ(Martin college)
語学学校を卒業したあと、カレッジでビジネスのdiplomaコースを取りました。20週間で8つの科目を勉強するうえに、ネイティブと授業を受けるという環境は予想以上につらかったです。

課題を終わらせるのもとても時間がかかり、10時間学校にこもっていたこともあります。しかし、実際にオーストラリアの会社にリサーチに行ったり、インタビューをしたり、実践的な課題もたくさんあって、とても貴重な経験を積みました。

チューリップ祭り メルボルン

大変だったこと
一番大変だったことは、プレゼンテーションです。人前で話すのが得意ではない上に、英語で話し続けるというのは私にとって、とても大きな壁でした。そんな時に支えてくれたのはクラスメートと先生です。

私が落ち込んでる時はクラスメートが必ず励ましてくれ、先生は授業後もマンツーマンで私を助けてくれました。クラスメートと先生がいなければ、このコースを終わらせることは出来なかったと思います。

学んだこと
留学を通して学んだことは、失敗を恐れる気持ちが自分の一番の敵、ということです。私は何回も英語を話すことが怖くなったり、人前で間違えることを恐れていました。その気持ちが心にある時点で、自分の可能性を自分で狭めていることに気付きました。

自信を持つということはなかなか簡単なことではないけれど、新しいことに挑戦する時は恐怖心を捨てることが大事だと思います。

日本の祭り メルボルン

オーストラリア メルボルンの良いところ
色々な国籍の人が住んでいるところはメルボルンの大きな特徴でもあり、とても面白いところだと思います。待ちを歩いているだけで、たくさんの言語を聞けます!

もうひとつは、日本では見られないような絶景が見れるところです。グレートオーシャンロードやフィリップアイランドは、メルボルンに来たからには絶対に行くべきだと思います!オーストラリアならではの大自然を感じられます。

留学をする人へメッセージ
留学をどのような経験にするかは、本当に自分次第だと思います。どんな目的で、何を得るために行くのか、どんな自分になりたいのか、行く前に考えることはたくさんあります!

それぞれ異なる目標があるとしても、英語を上達させるというのはみんな共通の目標なはずです。言いたいことが伝えられなかったり、悔しい思いもたくさんするかもしれませんが、辛い時は成長している証拠なので、自分に甘い環境を作らずに納得のいく留学を創りあげてください。

鈴木さゆりさん

メルボルン語学留学なら

オーストラリアの大学に交換留学で、サッカー部へ!! | 池田紗弓さん

オーストラリアでサッカークラブ所属

現在交換留学生としてメルボルンにある
La Trobe大学に通学し、観光学について
学んでいます。

私は、今年の11月末に帰国するので、
合計で9ヶ月間の滞在になります。

よく留学に行く理由として
「英語がうまくなりたいから」
「違う国の人と友だちになりたいから」
という人がいます。

しかし、私の場合は「またサッカーをしたい!」
という理由で交換留学に申し込むことを決意しました。
大学入学と同時に、サッカーから離れ、
実家のある東京から大学のある大分に
引っ越しました。

6歳からサッカーをし、生活の中心が
サッカーだったために、大学に入学してからは、
サッカー無しでどうやって友だちを作ったらいいのか、
ストレスを発散したらいいのか、またこの有り余った
時間で何をしたらいいのかわからなくなってしいました。

それに加え、初めて親や親友から離れての一人暮らし、、、
ストレスがたまる一方で、入学したから1年半、
自分を完璧に見失ってしまったんです。

しかし、大分県では女子サッカー部が
盛んではないためサッカーができず、
かといって大学をやめ東京に帰るという
選択肢ももちろんなく、、、。

と迷っているうちにたどり着いたのが
交換留学でした。休学せずに、単位を
とりながらサッカーができる道が
まだ残ってると希望の光がみえたのを
今でも覚えてします。

そこから、遊びもバイトもせずひたすら
英語の勉強をし、無事にLa Trobe大学への
切符をゲットしました。

オーストラリアでサッカー部 所属

サッカー部に入部をし、約2年ぶりに
ボールを蹴り、練習をしたとき、
久しぶりに「私って生きてる!」と
感じたのを覚えています。

しかし最初は、みんなが何言ってるのかも
わからないし、みんなも私が何を言いたいのか
わからずまったくコミュニケーションがとれず、
サッカー部でえ、私にとっては、uncomfortable zoon でした。

ボールさえあればみんな友だち!
なんて楽観的すぎだったと後悔し、
言語の壁は想像以上に高いと痛感しました!

しかし、uncomfortable zoonもめげずに
行き続ければいずれは、comfortable zoonに
なると信じ行き続け、話し続けた結果、
いまではサッカー部が私のオーストラリアでの
居場所になりました。

最後に、この留学を通して気がついた
ことがあります。それは、何かひとつを
全力で頑張れば、何か違うことも後から
自然についてくるというこです。

私はこの交換留学中にサッカー部に
全力を注ぎました。その結果、多くの人に
出会い、色々なオーストラリアを知れ、
精神的にも強くなり、そして英語も自然に
のびていました。

本当に、サッカーを通して、想像以上の
ものを得ることができました。

現在、留学中の人、これから留学を
する予定の人、とにかくひとつで
いいので絶対に妥協をせずに
やり遂げる目標を決めて日々それに
向けてがんばってみてください。

きっと、予期していなかった自分に
出会えるはずです。

お互い、がんばりましょう!

インターンシップ期間;6月中旬~9月中旬 池田紗弓

オーストラリア留学をお考えなら紗弓さんが
インターンシップをされたiae留学ネットへどうぞ!

メルボルン大学で学生生活 | ミズホさん

高校の頃にイギリスに
語学留学をしました。

日本に帰国したころには、
受験シーズン真っ只中で、
日本の大学に進学するか
留学するか悩んでいましたが、
せっかく語学留学で学んだ英語を
使わないのはもったいないなあ
という思いと、英語で英語の勉強を
するだけでなくて、英語を使って
何か違うことを勉強したり、
もっと込み入った会話が
できるようになりたいと思い
オーストラリア留学を決意しました。

高校を卒業してすぐに
デーキン大学に入学し、
大学卒業後、メルボルン大学に
進学しました。

留学する前よく、

「日本の大学は入学するのは
難しくて、卒業するのは簡単。
海外はその逆で入るのは簡単
だけど出るのは難しい。
だから大学ではみんな勉強をがんばっている」

という話をよく耳にしていて、
きっと本当にそうなんだろうなと
思っていました。

でも、実際そんなことはなく、
オーストラリアの高校生だってVCEという
受験勉強に向けて日本人と同じように
みんなストレスと戦いながらがんばっているし、
大学に入ったら真剣に勉強をしている人もいれば、
手を抜いているひとだってたくさんいることを知りました。

そんなにがんばらなくたって
卒業している人もたくさんいます。

また、メルボルンにはたくさんの
留学生がいて、経済学や経営学に
いたっては留学生が80%を
占めているんじゃないかなんて
クラスもありました。

初めはそんなギャップに正直がっかり
したこともありました。 かといって
私自身は手を抜いて遊んで単位など
取れるわけもなく、勉強を一生懸命
がんばらなければなりませんでした。

でもそれは、海外の大学のレベルが
高いからとか入るのは簡単で出るのは
難しいとかそういうことではなく、
単純に英語で勉強しているから、
現地のオーストラリアの人より、
論文を理解するにも、教科書を読むにも、
課題を書くにも、留学生は時間がかかる
からだと気づきました。

最初の1年は何事もはじめてで
大変でしたが、時が経つごとに
教授のいっていることがより
理解できるようになったり、
論文がもっと早くよめる
ようになったり…今は留学することで
学習力がついてよかったなと感じています。

留学したほうがよかったのか、日本の大学に
進学したほうがよかったのかはわかりませんが…。

日本に進学してたらどうなって
いたんだろうと思うこともよくありますが、
メルボルンでたくさんの人に出会い、
ビザや大学の問題に直面したり、
本当にいいことも悪いことも含めて
多くのことを学び体験できてよかったなと思っています。

それに、日本にいてもメルボルンに
いても楽しめるか、成長できるかは
自分しだいなんだなと感じています。

大学院卒業まで後一年になりますが、
悔いのないようすごしたいです。

インターンシップ期間:
2015年3月中旬~7月下旬
宮本瑞穂さん

LaTrobe 大学へ編入しマーケティングを専攻 | 宮澤奈美さん

こんにちは。

日本の大学を休学し、
語学学校を経て
Diploma of businessを終え、
現在はLaTrobe 大学へ編入し
マーケティングを専攻しています。

留学のきっかけは?
と聞かれることが多々あり、
これから就活を控えている身として
何か繕わなければと奮闘していますが、
単純に“海外の生活にあこがれていたから”です。

ただ単に、大きな理由や目標もなく、
行きたいという一心で渡豪し気が付けば
2年以上が経ちました。両親の葛藤も
あったと思いますが、最終的には快く
送り出してくださった両親には
感謝しても感謝し切れません。ありがとう。

もちろん得たものは想像以上に大きく、
大切な糧となっています。縦社会ではなく
横社会、実力主義の構造に素直に衝撃を
受けました。

それどころか、すべてが新鮮で
世界中から来た人々が当たり前に
うまく共存していることに感動を覚えたり、
大げさですが、本当にすべてが衝撃で、
あれだけ必死人生きた日々はなかったん
ではないと思います。

でも、国境を越えてどこに住んだって、
食べて寝て勉強して遊んでという根本は
変わらず、言語が少し違うだけなんです。

今まで自分が信じてきた常識が、
文化が違えば覆されてしまうし、
多文化のオーストラリアでしか
学べなかったこともたくさんあります。

中国人やイスラム人がみんな悪い人では
ないということ。アジア人差別が少なからず
存在していること。

どんな髪型であろうと何を着ようと
個性と認められ、自己責任と経験が
重視されること。

日本を客観的に見れるようになったとか、
異文化に触れることができたとか、
みなさん異口同音に言われます。

聞くだけで納得するのももちろんですが、
いざ体験してみると本当に皆さんが
言われる通りなんだと実感できました。

百聞は一見にしかずということで、
一歩踏み出してみると百歩変わるかもしれない、
何でも自分で体験してみることが糧になるんだと思いました。
住んで暮らしてみると、旅行では発見できないことの
連続で、楽しいことはもちろん理不尽なこともありますが、
それが自分を強くしてくれたんだと感謝しています。

なので、留学に必要なものはやる気と勇気!
もちろん目標や目的が明確にあるに越した
ことはないですが、漠然と留学したい!
と思うのなら迷う必要はないと思っています。

一緒にがんばりましょう!

宮澤奈美 さん
インターンシップ期間:2015年3月中旬~7月初旬