現地エージェントインターンで学べることは?

 

フリンダース駅
メルボルンの主要駅

 

こんにちは!インターンのAkaneです😀

早いものでとうとうインターン最終日となってしまいました…!

最終日ということでこのインターンでのお仕事を通して気付いたことや学んだことをシェアしたいと思います!

7月から始まりあっという間に時が過ぎていきましたが、短い期間の中でもこのインターンは私の留学生活を充実させてくれた大きな理由になりました。

このインターンでやっていた業務としては主に受付業務です。

オフィスに来られた生徒さんをカウンセラーのもとへご案内したり、会員登録の手続き、ブログの記事作成やSNSでの発信、電話応対、翻訳業務、イベントのサポートなどなど、、ここには書ききれないくらいの種類の業務がありました😃

それでは学びを2つにまとめてご紹介します!

①多国籍な環境で働くということ
このiae留学ネットメルボルン支店のオフィスには、主にアジアの国々のデスクがあります。

その様々な国の生徒の方が来る受付業務をしていると、当然日本でお仕事をするときとの違いを感じることはたくさんありました。

そして生徒さんだけではなく、カウンセラーも受付を頼ってきてくれることが多いので、働いている人達同士でも文化や考え方の違いから理解しにくい状況が生まれることもありました。

ですが、それはこの多国籍な環境で働いていたら当然起こることだと思います。

そしてそれぞれの文化が大事にしているものや、国籍ごとの国柄などもわかってくると、理解がしやすくなったり受け入れやすくなっていきました。

さらに感じたのは、この国ではお客様と会社側の関係性や、働いている人同士の関係性も対等であることが多いということです。

そのため日本で働いていたときよりも距離が近くなりやすかったり、伝えたいことをはっきりと伝えられる環境であると実感しました。

②人の挑戦をサポートするということ
カウンセラーの働き方を間近で見ることができ、更に受付業務の中でも新しく来て下さった生徒さんへの現地の暮らしの説明や、ブログでの留学に役立つ情報の発信を通じて、改めて人の挑戦のサポートをすることの魅力を感じることができました。

受付に来る時にはとても不安そうな生徒さんも、カウンセラーと話したあとには笑顔になって帰っていくのを見ると、留学生にとってとても頼りになる存在ですし、私自身も生徒としてたくさん助けてもらいました😃

自分の経験の中でこれやっておいてよかった!ということやこうしておけばよかった…ということをブログに書いたり、初めて来た生徒さんにお伝えしてそれが役立ったときにはとってもやりがいを感じることができました😁

こういったことに気付けたのはこのインターンのおかげです。

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

帰国したあと日本での就職活動でも、ここで感じたことをもとに自分に合うお仕事を探していきたいと思います!

Akane

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です